お役立ちブログ

blog

お家で残そう、子供の記念写真

Instagramでは「#おうちスタジオ」なんてタグがあるくらい

最近ではお家でおしゃれな写真を撮ってる方がたくさんおられますよね!

でも、そんな写真を見ながら

うちはおしゃれなお家じゃないから

古い賃貸だから

和室しかないから

狭いから…

など

自宅で可愛い写真を撮るのなんて無理!

と諦めていませんか?

そんなことはありません!!

工夫さえすればきっとあなたのお家でも素敵な写真を残すことができます!

スマホでもカメラでも、

ほんの少しの工夫で撮影した写真の印象ってすごく変わります。

ぜひお家での撮影にチャレンジしてみてはいかがでしょうか♡

 

ポイントその1
撮影場所と撮影時間帯の工夫

まずお家のどこで撮影するか。

それによってかなり変わってきます。

オススメは自然光のたっぷり入る窓のそば。

窓のそばだと明るい写真が撮れます。

暗い部屋で撮るよりもきっとお子様の表情もイキイキして見えます♡

背景になる壁にあるものも、

避けるなどして余計なものが写らないように工夫しましょう。

テレビなどが入ると一気に生活感が出てしまいます!

また撮影の時間帯は自然光がたっぷり入る午前中がオススメです。

同じ場所で夜撮るか、日中明るい状態で撮るかでかなり違ってきます。

カーテンを開けてお部屋にたっぷりお日様の光が入るようにして撮影しましょう♪

光が強すぎる場合はレースカーテンをするなど工夫してみてください。

 

ポイントその2
白い布を使おう!

撮影時にお子様が座る場所(立つ場所)に白い布を敷いてみてください。

和室の場合、畳も隠れるのでおしゃれな雰囲気も出やすいですし

なにより白い布を敷くと

顔色がパッと明るくなるのがわかると思います!

顔の影が明るくなり

布をしかない場合よりも柔らかい雰囲気になると思います☺

 

ポイントその3
小物やお洋服のテイストを揃えよう!

可愛い小物ってたくさん飾りたくなりますよね!

でもセンス良く小物を飾るってとってもむずかしい…

そんな時にオススメしたいのが

小物のテイストを揃えることと、

色を3色以内に抑える、ということ。

そうするとテーマカラーが統一されて洗練された印象になります。

主役になるテイストやカラーがいくつもあっては、

どういうテイストなのかわからなくなりちぐはぐな印象に…

なのでテーマとなるテイストやテーマカラーをあらかじめ決めてから

小物をチョイスし飾り付けするといいと思います!

飾り終わったら作ったフォトブースを実際に撮影してチェックします

その際、お子様の立ち位置となる場所に

ぬいぐるみ等を置くとイメージしやすいです。

肉眼で見るのとカメラに映る範囲は違うため、

せっかく飾った小物が写ってない場所があったりするので

写真を撮ってチェックすることで小物の位置の微調整がしやすいです☺

 

あとは主役となるお子様のお洋服を飾りのテイストに揃えればバッチリです♡

 

おまけ
レフ板を作ろう

100円均一でも売ってある大きめの白いボードを二枚合わせて自立するようにします。

片面には一度くしゃくしゃにして広げたアルミホイルを貼り片面は白いままにします。

そのボードを写真に写りこまないことに気をつけて

お子様の近くで動かしながら

お子様の顔が明るくなる場所を探します。

あとはその場所にボードを立たせて撮影します。

ボードがあったほうがいいのか なくていいのかは

その時のお天気やお部屋に入る光の状況によるので、

試しながらしてみてください♡

片面にアルミホイルを貼ったのは 詳しくはここでは割愛しますが

白と銀では光の反射力や照射範囲が違うので

仕上がりのイメージが変わります。

両方使ってみてお好みの方を使うといいと思います♡

 

まとめ

と、ここまで色々なことを書きましたが、

おしゃれな写真ももちろん素敵ですけど

毎回そうである必要はないと思います☺

写真に写り込んだ散らかったおもちゃや絵本が

将来写真を見返す時にはきっと愛おしい愛おしい背景となっているはずですから。

お子様の今を撮影する、ということを楽しんでほしいなあと思います♡

それでもお誕生日やイベントなどでおしゃれな写真を残したいタイミングも

たくさんあると思います♡

記念日写真も普段の飾らない写真もどちらもどうぞ楽しんでください♡

 

written by Sakie


松山市、宇和島市、大洲市を中心に
愛媛県内、撮影対応可能です。

県外の案件もお気軽にご相談ください。